《おかみのブログ編》福岡久留米の古美術観古堂は、古染付などの、中国の陶磁器や中国の品物を高値で買取させて頂きます。

2021/01/14 ブログ
古染水指

買取しました!↓↓↓

古染め水指
古染め水指
古染め水指
古染め水指
古染め水指

花唐草文染付水指
清朝期 1644年~1912年

この水指は、中国清王朝後期に焼成された焼物です。
明朝期(みんちょうき)や清朝期(しんちょうき)の景徳鎮窯(けいとくちんよう)で焼かれた器は、その古拙さが茶人をはじめ、人々に愛され、茶道具や日用品として、たくさん日本へ渡ってきました。
中でも、江戸時代に日本へ渡ってきた焼物を、新渡り(しんわたり)や新渡(しんと)と呼びます。
この花唐草文染付水指(はなからくさもんそめつけみずさし)は、とても魅力的な造形で…
美しい曲線…
たっぷりの釉薬…
花唐草の味わいある、一枚一枚の花びら…
それらが織り成す…おおらかで、温かみを感じる佇まい…
鮮やかな青と白の、スッキリとした色彩が、心まで、穏やかに…
そして清々しい気分にしてくれます💓
やっぱり染付けっていいですよね~✨
素敵~😍🎶
寒い日には…
あったかい♨️
うどん‼️‼️
うちの店から徒歩1分🎵
カウンター8席、テーブル二人席が2つの超コンパクトな、昭和感満載の…
おまけに月曜日から金曜日の平日お昼だけしか開いてない…
うどん屋さんです😂
なので、子供は長期休暇の時に食べるのを、いつも楽しみにしています😅
毎朝、仕込みの、お出汁のいい~香りを登校時に嗅ぐだけでガマン🤣
お昼、食べたなんて、絶対言えません‼️😅
ずる~い😡‼️‼️って言われるに決まってます😅
久留米は筑後うどんといって、柔らかめの麺が特徴です。
柔らかいといっても、ただ柔らかくてべちゃっとプツンと切れるのではありませんよ‼️‼️
柔らかなふわふわした口当たり…
粘りのあるコシ…
つるんと滑らかな舌触り…
が特徴です。
柔らかくても粘りがあるので、簡単には切れません‼️
優しさを感じる…お母さんのような麺です😋💓
お出汁はお店によって多少違いますが、画像のような澄んだ色で、鰹や昆布、いりこだしやあごだし等様々…
私はいりこ出汁やあご出汁を感じる店に行っちゃいます😁👍🎶
このうどん屋さんも、そっち系の酸味のある出汁で、揚げたてのごぼう天をジュッと乗せてくれます🙌
他にもメニューありますが、いつもごぼう天うどん‼️‼️
浮気しません‼️‼️😁👍
衣のさくさくとごぼうの香りとホクホク感がたまりません😍🎶
麺のつるんと粘りコシ…
お母さんのような優しいふわふわ感…
一滴も残さずのんじゃうくらいのお出汁の美味しさに💓
幸せ~✨🙌
あっという間に5分かからず完食😋
やっぱ、おいしかね~😆

福岡も緊急事態宣言で…

外食も我慢です😳💓

インスタグラムの #観古堂 でも、更新しておりますのでご覧下さい💓

福岡久留米の古美術観古堂は、古染付等の中国の焼物や書画をはじめ、中国の様々な品物全般、あらゆる古美術品、骨董品を高値で買取させて頂いております‼️

出張、査定は無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい💓

ホームページのお問い合わせボタンより、査定フォームにて、簡単にメールやLINEで査定を受付中‼️‼️

お問い合わせを、心よりお待ち致しております‼️