《おかみのブログ編》福岡久留米の古美術観古堂は、酒井田柿右衛門の作品を高値で買取させて頂いております。

2021/01/02 ブログ
麒麟置物

買取しました!↓↓↓

麒麟置物
麒麟置物
麒麟置物
麒麟置物
麒麟置物

太白麒麟置物

十二代酒井田柿右衛門
(1878~1963)

顔は迫力のある龍のようで、燃えるような渦を巻いた毛並み…
力強い脚や蹄…
たぎる炎のような美しい尾…
天空を舞い、駆け上がっているような、神秘的で勇壮な姿…
眺めていると、今にも天に昇って行ってしまいそうです。
麒麟は、平和の象徴でもあり、中国古代の神聖な幻の動物で、足元の虫や植物を、踏むことさえ恐れる程、とても穏やかで優しい性格なんだそうですよ💓
この麒麟は、十二代柿右衛門作の、太白麒麟置物で、透き通るような、艶やかな白磁の美しさと、繊細ながら勢いのある造形が、確かな技術と、柿右衛門としての誇りを感じさせ、気品を漂わせています。
永きに渡り、世界を魅了し続けている、酒井田柿右衛門の歴史は、17世紀に、酒井田喜三右衛門が、赤絵磁器の焼成を成し遂げ、初代 酒井田柿右衛門を名乗ってからの始まりで、白磁の美しさと、赤絵の調和を、究極まで高め、1670年代には、柿右衛門様式として、確立させました。
その美意識と伝統ある技は、今なお、途絶えることなく脈々と、大切に受け継がれています。
素晴らしいですね✨
うっとりしてしまいますよ~💓
皆様~✨
明けましておめでとうございます🙌🎶
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます🙇💓
観古堂は、お陰様で、今年、創業百年を迎えることが出来ました‼️🎉
私は…まだまだ、修業が足りてないので😅頑張ります💪❤️
お正月🎍いかがお過ごしですか?
田中家の元旦は…
毎年、代わり映えはしませんが😅
私の愛のこもった⁉️
手作りのおせちで、新年を迎えました🙌
子供が喜ぶように…伊達巻きにもチーズを入れたり(掟破り😅)黒豆に金箔ふりかけたり✨工夫してますよ😏👍
私が嫁に来てからは、ずっと、この1人ずつお重に詰める、個別スタイルおせちです💓
やっと…
ひとイベント無事に終えた…😰
よかったよかった💓
ほっとした~😆💦
嫁は大変です…😰ははは😅
のんびり餅でも食べよっと🎵
海苔巻いて、わさび醤油で食べるとサイコーっちゃんね~😁🎶
おいしか~😋💓
喉詰め‼️食べ過ぎ注意‼️‼️😓
皆さんも💓お餅は少しずつ、喉を潤しながら食べて下さいね~🎶😋

インスタグラムの #観古堂 でも更新しておりますので、ご覧下さい💓

福岡久留米の古美術観古堂は、酒井田柿右衛門の作品を高値で買取させて頂いております‼️

出張、査定は無料で承っておりますので、お気軽にお問い合わせください

ホームページのお問い合わせボタンより、査定フォームにお進み頂くと、簡単に査定してお答えしておりますので、ご利用下さいませ。

LINEで簡単査定も受付中‼️‼️

心よりお待ち致しております‼️